スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月20日 ハワイ島

 レンタカーを借り、東へ向かう。

約2時間。小さな町をいくつか通過し、ハワイ島の東に位置する州立公園まで走る。
その州立公園の入り口にある駐車場に車を止め、しばらく歩くと滝が見えてきた。
アカカ・フォールズ
アカカ・フォールズ。

その滝一周700mほどの周遊路を歩くと、さまざまな熱帯の植物を見ることもでき、
滝の迫力を感じることができる。
マイナスイオンもたっぷりと吸いリフレッシュをしたのち、
更に車を走らせ、ヒロの町で昼食を食べる。

そして、また車を走らせること一時間ほど。
火山国立公園に入る。

ココには、サーストン・ラバ・チューブと言われる溶岩トンネルがあるのだ。
サーストン・ラバ・チューブ2

サーストン・ラバ・チューブ
鍾乳洞には、いくつか入ったことがあるが、溶岩洞窟は初めてだ。
何と言ったらいいのだろうか。
全ての始まりのような神秘的な洞窟だ。

洞窟を抜けると熱帯植物が茂り、程よい散歩道となっていた。

そこから、ホテルまでの道のりの約3時間ほどは、いくつかの保護区を通ったが、
基本的に同じ景色が広がってます。


スポンサーサイト

5月19日 ハワイ島

 朝食後、タクシーに乗り込み、約40分ほど北へ走ってもらう。

カパアウという街に着く。
町のほぼ中央の地方裁判所の前に、カメハメハ大王像が立っている。

ホノルルの旧ハワイ裁判所前に立っているほうが有名で、
ほとんどの人は、そっちの像を観光するのだが、
実は、このマパアウの町の像がオリジナルなのだ。
kamehameha01L.jpg

マパアウの町は小さいが、かわいい店がある。
特に、カメハメハ大王像の向かいにあるコーヒーショップは、外観もさることながら
中も良かった。

タクシーを待たせていたので、長いはせずに、また40分ほどかけ、ホテルのある町の
ヘリポートへ向かう。

さて・・・
今からヘリコプターに乗り、ツアーに出かけるのだが。
参加するのか決断するのに一時間。

何度か報告してるが・・・高所恐怖症で乗り物よいが激しいのだ。
ヘリコプターなんかもってのほか・・・
その両方をもれなく兼ね備えている。

しかし、ハワイ島でどうしても見たい場所に行くには、ヘリコプターに乗るのが一般的なのだ。
その葛藤が一時間続いたのである。

ヘリポートの事務所で、乗車時における説明や注意を受け、
乗り込む。

離陸・・・すでに酔った。
しかし、上空に上がり安定飛行に移ると、結構ゆれない。

しばらく飛ぶと、Puu O'o火口の上空に来た。
Puu Oo
そして、更にちょっと海側へ移動すると、まさに流れているのが見える。
2Puu Oo

地球が生きているのを目の当たりにできる。
すばらしい!

何度か、旋回をした後、ヘリポートへ戻った。
着実時の揺れでは、かなり酔ってしまった。
せっかく、地上に降りたのに、気分が悪くなってしまった。





5月18日 ハワイ マウイ島

 午前中、チェックアウトの時間いっぱいまで部屋でゆっくりとした。
昨日のドライブが原因の頭のふらつきもあった。

空港までレンタカーで移動してから返却。
2時25分発の飛行機に乗りこむ。
約35分後ハワイ島のコナ空港に到着した。

タクシーを拾いホテルへ向かう。

選んだホテルは、ヒルトン ワイコロア ビレッジ

このホテルは凄く広い敷地を持っており、
移動手段に鉄道や船まであるそうだ。
ヒルトンはわい

ヒルトンはわい2

このホテルだけで、ハワイを満喫できるとか・・・
まずはホテル探索に出かけますか。

部屋に荷物をおろし、
しばらく歩く。
と、言ってもこのホテルは三つの建物からなっており、それぞれの建物は船や鉄道で結ばれているのだ。

あるプールのようなところを歩いていると、そのプールになにやら生き物が泳いでいる。
ヒル
イルカだ!
ペットとして飼っているのだろうか・・・







5月17日 ハワイ マウイ島

 5月16日は、1日近くのビーチでのんびりしました。
この旅で、初めての1日ボーとする日でした。

今日は、少し遠出をします。
マウイ島の東側に、通称天国のような町といわれる、ハナという街があります。
ココに行くには、秘境に近い場所を通っていくらしく、
道は険しく、ヘアピンカーブが500以上あるとか…

でも、天国と聞いて行かないわけには行きません。

朝7時に出発。
カフルイの街を通り抜け北東の海岸沿いをひた走ります。

カフルイから伸びてるその道の名は、ハナ・ハイウェイ。
間違いなくこの道を進めば目的地に着きますね。

約1時間くらいは普通の道でした。
しかし、そこからはきつい。

ヘアピンカーブの連続。 しかも道が狭かったりと気を抜けません。
自分で運転してても、酔ってきました。
hana.jpg

なんでも、通称ゲロゲロ道と呼ばれているとか…
わかります。

約1時間半のドライブの末、ハナの町に到着。
ハナ

あまり、ハワイらしくない感じがしましたが、確かに良い雰囲気の街です。
有名なホテルもあり、ハリウッド俳優達もよく来るとか。

ハナの街で海岸でトレッキングと観光を済ませて、街を出発。
帰りは東海岸を一周する形で戻ります。

この道も大変でした。
ダートの区間があったり、
凄く狭い道で崖から落ちそうだったりと・・・

でも、途中よった協会の景色は凄くきれいですね。
今まででも一番ではないでしょうか。
フイ・アロハ・チャーチ
フイアロハチャーチ。

その他にも、立ち寄ったワイユの丘。
ワイユの丘

マナワイヌイ峡谷。
マナワイヌイ峡谷

見所は満載です。

夕方、ホテルに帰り、夕食を食べる前に寝てしまいました。
流石に疲れましたね。

5月15日 ハワイ マウイ島

 昨日より更に早起きです。
深夜1時30分。 支度を済ませホテルを出、
しばらく待つと、一台のバンが迎えに来ました。

他のお客さんを迎えに、2・3箇所のホテルへピックアップに向かい、
バンは、ひっそりの静まり返った、キヘイとカフルイとプカラニの街を抜け、
今度は、急な山道をひたすら登って行きます。

なんどヘアピンカーブを曲がったことでしょう。
夜で暗かったので良くはわかりませんでしたが、
かなり高くまで登りました。

そして、バスが付いた場所は山の頂上。
ここは、ハワイでも有名なハレアカラ山の山頂で。
なんと標高3000mなんだとか。

ビーチ側のホテルからですから、一気に3000mも登ったことになります。

しばらく待っていると、遠くの水平線から光が差し込んできます。
そう、このツアーは日の出を見るツアー。
ハレアカラ
360度見渡せる場所からの日の出は、一言では言い表せません。

日の出を見てからは、このツアーの二つ目のメインである、バイクでのダウンヒルだ。

バンで標高2000mのところまで下り、そこから一気に海抜0mまで下るのだ。
bike2.jpg

なんと贅沢なアクティビティーだろう。
風を感じてるだけでいい。
登らなくていいのだから、疲れない。

途中レストランに寄り、食事を済ませ、ホテルへ送ってもらったのが、
一時前。

部屋に戻り、ベランダのリクライニングチェアーに横になったら熟睡した。
ヘアピンカーブの曲がりすぎでしょうか?
頭が右へ左へと揺れています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。